“SOUL”的陸上競技活動録

アシックス“CFRP”モデル

 アシックスから謎のスパイクシューズがプレスリリースされてます。
 
b0180135_23285567.jpg

 以下メーカーサイト原文ママ

 シューズのアウターソール(外底)の全面にカーボン繊維強化プラスチック(CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics)を採用し、かつ、効果的に配置されたスパイクピンと一体成型することで、エネルギーロスが少なく、最高速度を維持しやすい陸上短距離用スパイクシューズを開発しました。
今シーズンから国内のトップ層の選手を中心に使用していただく予定です。
 今回開発したスパイクシューズは、アシックススポーツ工学研究所の知見を生かして作製したもので、最もスピードの差が出るといわれるレース中盤以降において、走行中にかかるブレーキや荷重中心の後退などをいかに防ぎ、最高速度を維持できるかという点に着目し開発しました。

 アウターソールのプレートに採用したCFRPは、当社従来のプレートに用いられている樹脂と比べて、剛性・強度が高いといった特徴があります。このCFRPを特殊な技術で積層することで、屈曲性が必要な踏み付け部や、より高い剛性が必要な土踏まず部など、部位によって必要とされる剛性の違いに対応した設計を行なっています。また、CFRPで一体成型することで当社従来のプレートに比べて大幅な軽量化を実現しています。スパイクピンは、重心移動をよりスムーズにするため、小指球部分のピンを最小限にし、母指球部分とつま先の外側部分に密に配置しています。
 アッパーは、軽量で伸びにくい人工皮革を採用しています。フィット感とホールド性を高め、着地時や蹴り出し時のシューズと足のずれを抑えます。

 
 パッと見6mm〜7mmのピンを使用したフラット型ソールのモデルのようです。サイバーレイとサイバーブレードの両方のノウハウを活かしつつカーボンにて剛性を上げた仕様でしょうか。

 の割にはアッパーがお粗末っぽいのがこの写真だけでわかってしまうのが最近のアシックスっぽいです。笑
 
 案の定、先日のゴールデングランプリ後に福島千里選手が『スパイクが合わない!!』なんて愚痴をそっこーメディアに放っていた模様です。
 以下ソース
 福島 スパイク変更で感覚狂う…スタートに課題
 ルメートル選手にも不評のようで、ロンドン五輪での使用はないだとか。じゃあ誰が履くの??笑
 
 ぶっちゃけていうと、フルカーボンプレートはシューズ内のブレが全くない前提で反発力が期待できるというもの。もちろんプレートの捻れやアッパーの横ブレなどもってのほかです。

 ベルトフィッティング+シューレース??のような外見もしくはベルトフィッティングだけのようなモデルのようですが、サイドの強度はこの写真を確認する限りでも決して安心できそうにありません。

 さらにプレートを見る限り接地と荷重移動に研究を重ねた結果の賜物とみてとれますが、どの競技場も全て高反発でこのスパイクのようなピン以外のグリップがなくても問題ないようなノンチップ型で走れるとは限りません。

 最近の国内トップスプリンターは接地と重心移動に優れた技術を発揮する選手が増えてきています。筋力に頼らなくても前へ速く進める技術を持っていることが特徴でしょう。

 着用ターゲットはこういった乗り込み技術と足さばきに自信のあるスプリンターへ向けたモデルとみて間違いはないでしょう。

 このスパイクは歳の早いうちから技術を体得してフォームを完成させる傾向がより強くなった昨今の日本短距離界を強く主張しているような気がしてなりません。もっと荒削りにも対応できる挑戦的なスパイクシューズは作れないものでしょうか。あ、サイバーオーラはなかったことにして笑

 ちなみにこのフルカーボンスパイクの一般発売は今のところ予定はないようで、メーカーには一般に手に取れるモデルができたら持ってきてくださいと伝えており、現物を触れたらまたレポートしたいと思います。


 余談ですが、先日に来年のクロノインクスに触れてきました。ここでは何も書けませんが皆様お楽しみに。
 

 6月5日追記

 今シーズンは江里口選手がCFRPモデルを使用してレースに出ているみたいです。関西実業団で復調しこのまま日本選手権でも結果を出してもらいたいですね。
 
[PR]
by soul-tfc | 2012-06-03 23:40 | 陸上スパイク
<< 練習 アディゼロプライムアクセラレータ >>



兵庫県で走っている一般趣味人競技者の日誌です。社会人陸上と陸上競技用品ネタの話題が多いです。
カテゴリ
以前の記事
自己紹介
1985年9月生まれ。A型
163cm・59kg
学生時代は関東選手権優勝、日本選手権リレー出場程度。
現在はスポーツ用品販売業の傍ら、趣味の範囲で競技生活を続行中。

専門種目
100m~110km

2005年
SOULとして活動を始める。
2007年
SOUL陸上競技部を設立。
2010年
東日本実業団陸上男子
400mR6位
2011年
東日本実業団陸上男子
400mR7位
2011年末
体調不良を理由に
SOUL陸上競技部
の活動を無期限休止。
2012年初春競技再開。
2012年7月おんたけ100kmウルトラトレイル完走
2012年8月ほぼベストまで走りが戻る。
2012年8月26日仕事中に右アキレス腱断裂
2013年8月24日100mに復帰11秒86(-1.1)
2013年9月15日信越五岳トレイルランニングレース110km完走
2014年大阪マラソン出場予定
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧