“SOUL”的陸上競技活動録

マラソンシューズを短距離で使うリスク

 ロンドン五輪の男子マラソン・女子マラソンを観てて思ったことは

 「あんなに薄いシューズを履いてるの日本人しかいねーじゃん・・・」

 ということでした。

 
 日本は駅伝・ロードレース(10km-ハーフマラソン)への熱意からかその距離に応じたシューズの氾濫が昔よりもひどくなっているような気がします。
 
 もちろん、シドニー五輪・アテネ五輪ではアシックスのソーティジャパン系のシューズを履いた高橋選手・野口選手が優勝し、素晴らしい記録を打ち立てましたが、黒人選手のマラソン本格参入により記録自体のハイスピード化と駆け引きというよりポテンシャル勝負が当たり前になってしまった今のマラソン界では急激なペース変化やハイペースでの前半戦に対応するためにダメージを受けにくいややレスポンスよりも衝撃緩和も考えたシューズの方が今の時代には合っているのではないだろうかと思います。

 日本は世界でも首をかしげるほどの駅伝思考です。その根源は箱根・ニューイヤーの存在ほかなりません。各メーカーも「〜EKIDEN」なんて名前でマラソンシューズと差別化して駅伝対応シューズをリリースしてますが、マラソンシューズも駅伝シューズもお互いにノウハウを活かし合っているだけなので結果、シューズは軽くて薄くなるばかりです。

 そのフラットさ・軽さ加減からもマラソンシューズはスプリンターのトレーニングシューズにも大人気です。最近ではよくアディダスの「adizero TAKUMI」を履いているスプリンターをよく見るようになりました。

 
 マラソンシューズの軽さ・踵の浅さはスプリントトレーニングにも有効なのは確かです。接地感をつかみやすい、グリップもよく効く、なにより軽いから走りやすい・・・

 しかし、スプリントトレーニング特有の踏ん張りや力加減に対してマラソンシューズは丈夫に作られておりません。グリップ部はすぐにすり減り、アッパーメッシュは傷んで破れやすくなってしまいます。

 また、タータンでのドリル練習、芝生でのジョグくらいならいいですが、冬期中でのアスファルト上での鍛錬系トレーニングや対乳酸での走り込みでは故障のリスクも上がり、また動きづくりにおいても問題が発生します。
 
 いざ、ゆっくりダウンジョグでもしようかというときは踵へ衝撃が伝わりやすいですし、股関節系ドリルや回旋系の動きを行うときはアッパーが負けて正確な動作がしにくくなります。これは私自身も体験したことによります。(adizero TAKUMI RENを使用)

 スプリンターが故障なく長く愛用できるシューズを使うなら軽量性とフラットソールを求めすぎるよりもその一歩手前でシチュエーション重視でシューズを選ぶのがおすすめとなります。
 
 そこでたぶん真っ先に思い浮かぶのがアシックスのウインドスプリント、ミズノのウェーブスプリント・ビルトトレーナーあたりかと思います。

 これはまったくの個人感想なのでそうでない方も多いのを承知で書きますが、

 ウインドスプリントはソールの屈曲が素足と異なるため、本当にフラットに地面に接しないと違和感もしくは足底部に痛みが出る場合があります。また、ジョグとは確実に兼用できません。室内トレーニングにはおすすめです。

 ウェーブスプリントもほぼ同様ですが、ウインドスプリントよりかはソールの屈曲がしっくりきます。薄いソールじゃなきゃ気がすまない人向きです。STEPさん限定のシューレースタイプを購入しましょう笑

 ビルトトレーナーは本当に惜しいのですが、ソールの耐久性がないです。コンクリートで1ヶ月も走ればツルッツルになります。タータンだけでしか走らない方限定です。

  
 以上の個人的見解+さらに個人意見に走ってしまいますが、、、おすすめシューズもあげておきます(一応私もプロのランニング用品販売員ですから・・・)

 
b0180135_134180.jpg

 アディダスのアディゼロJAPAN。軽さ、ソールのバランスはマラソン選手にも好評で、短距離でもウォーミングアップから動きづくりまで速い動作でもぶれることなく機能します。面で接地しやすいというのもポイントです。

 
b0180135_1355685.gif

 ミズノのウェーブスペーサー。グリップ力に優れ、中足部でのフラット接地にも対応できます。距離走でのレスポンスの良さから400mの選手にもおすすめです。

 
b0180135_1382316.jpg

 アシックスのブレードトレーナー。耐久性・瞬発系のトレーニングに最適のシューズ。ウォーミングアップくらいの距離でのジョギングなら全然問題なく走れます。メーカーサイトにも書いてあるとおり冬期練習に一番おすすめです。

 ほんっとうに個人的見解なので「一体素材や機能的から根拠があるのですか?」とか「何を基準にしましたか?」はなしでお願いします・・・笑

 私も一時期はアシックスのGEL NEWYORKで練習してましたし、ウインドスプリントは3足使いました。もちろんビルトトレーナーも履きつぶしました。ビブラムファイブフィンガーズも使ってますし、ニュートンランニングシューズでレースに出たこともあります。ヒールストライク・フォアフット両面から短距離にフォーカスしてシューズは色々と試してきたのである程度のラインまではご参考いただけると思います。

 え?N社がない?エアズームカタナがおすすめですよ(今じゃ作られてないんですよね・・・)

 ちなみに某ボルト社のFA〇Sは名前負けして決して使わないようにしてくださいね。あれは完全にスニーカーの域ですから・・・
 
 スパイクスパイクとうんちくを書いてきたのでたまには普通のトレーニングシューズにもスポットを当ててみました。
 
 ほかにも短距離向けシューズはいくつかありますが今回はこの辺で。
[PR]
by soul-tfc | 2012-09-07 01:45 | 陸上競技
<< カーフサポーターを使い倒すその1 アキレス腱断裂しました。 >>



兵庫県で走っている一般趣味人競技者の日誌です。社会人陸上と陸上競技用品ネタの話題が多いです。
カテゴリ
以前の記事
自己紹介
1985年9月生まれ。A型
163cm・59kg
学生時代は関東選手権優勝、日本選手権リレー出場程度。
現在はスポーツ用品販売業の傍ら、趣味の範囲で競技生活を続行中。

専門種目
100m~110km

2005年
SOULとして活動を始める。
2007年
SOUL陸上競技部を設立。
2010年
東日本実業団陸上男子
400mR6位
2011年
東日本実業団陸上男子
400mR7位
2011年末
体調不良を理由に
SOUL陸上競技部
の活動を無期限休止。
2012年初春競技再開。
2012年7月おんたけ100kmウルトラトレイル完走
2012年8月ほぼベストまで走りが戻る。
2012年8月26日仕事中に右アキレス腱断裂
2013年8月24日100mに復帰11秒86(-1.1)
2013年9月15日信越五岳トレイルランニングレース110km完走
2014年大阪マラソン出場予定
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧