“SOUL”的陸上競技活動録

趣味で短距離やる人のアキレス腱断裂記リハビリ編4

 右アキレス腱を断裂してから358日目に入りました。

 
b0180135_1153197.jpg

 断裂後もフルタイム勤務、庶民的な医療機関、一般的なリハビリ方法・・・全て標準的、もしくは標準以下の環境の下リハビリに取り組んできました。

 一度症状をおさらいしますと

 障害名;右アキレス腱断裂(腓腹筋下部筋腱移行部位)

 治療方法:保存療法

 ギブス固定期間:1ヶ月

 装具着用期間:2ヶ月

 右ふくらはぎ周囲変移:37cm(断裂前)→31cm(断裂2ヶ月目)→35.5cm(現在)。

 
 ゼロからの膝下筋力回復によって左足とは完全に形状が変わってしまいました。腓腹筋下の引っかかりでまだ完全に力が入るわけではないですが、偏っている感覚はほとんどないです。

 相変わらず朝一は階段を下りるときに踵部分に痛みが出ます。1日のうちにも何回かマッサージをいれないとすぐにアキレス腱が固くなってしまい、バランスに支障がでたりもしますがトレーニング時・リハビリ時にはほとんど走っていても問題ないです。

 
 7月からスパイクによる300m走・スタンディング走などが可能になり、8月10日(断裂後340日経過)でスタブロを蹴って50mまで走れるようになりました。
 
 常に不安として残っていたスパイクとスタブロ、この二つが達成できたときの嬉しさ、安堵は計り知れません。それでも再断裂の恐怖と本数をこなせない後遺症にはまだまだ悩まされています。あと1年くらいは続くでしょう。

 それでも希望を持ち続けたことによる精神面での成長は大きかったと思います。

 あとはサプリメントには本当に頼りました。グルコサミン・アミノ酸・タンパク質・コラーゲンなどなど。

 試したブランドはグリコ・アミノバイタル・DNSが中心です。

 特にグリコ・パワープロダクションのサプリメントは本当に質も価格もよく、ジョイント系サプリとホエイ系サプリは毎回買わせていただいております。

 カーフサポーターではコンプレスポーツとCEP。着圧の強さと素材、この2つにこだわった性能は間違いないです。

 
 来る8月24日土曜日。100mに復帰します。

 
[PR]
by soul-tfc | 2013-08-19 01:29 | アキレス腱断裂
<< 早すぎる2014年短距離スパイク展望 趣味で短距離やる人のアキレス腱... >>



兵庫県で走っている一般趣味人競技者の日誌です。社会人陸上と陸上競技用品ネタの話題が多いです。
カテゴリ
以前の記事
自己紹介
1985年9月生まれ。A型
163cm・59kg
学生時代は関東選手権優勝、日本選手権リレー出場程度。
現在はスポーツ用品販売業の傍ら、趣味の範囲で競技生活を続行中。

専門種目
100m~110km

2005年
SOULとして活動を始める。
2007年
SOUL陸上競技部を設立。
2010年
東日本実業団陸上男子
400mR6位
2011年
東日本実業団陸上男子
400mR7位
2011年末
体調不良を理由に
SOUL陸上競技部
の活動を無期限休止。
2012年初春競技再開。
2012年7月おんたけ100kmウルトラトレイル完走
2012年8月ほぼベストまで走りが戻る。
2012年8月26日仕事中に右アキレス腱断裂
2013年8月24日100mに復帰11秒86(-1.1)
2013年9月15日信越五岳トレイルランニングレース110km完走
2014年大阪マラソン出場予定
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧