“SOUL”的陸上競技活動録

早すぎる2014年短距離スパイク展望

 たまにはスパイクのこと書きます。

 陸上スパイク関連の生地に関してはご閲覧いただいている方も多く、通販系以外ではそんなに情報が流通していないことが私のブログのアクセス数を見てもよくわかります。

 昔、男子400m日本記録保持者の高野進は言っていました。

 『スパイクはスタートラインに立った時の唯一の相棒』だと。

 91年東京世界陸上前、リロイ・バレルに敗れたカール・ルイスはこう言いました。

 『世界記録を出すために1gでも軽いスパイクが欲しい』と。

 
 何を履いても速い人は速い。こう言う人もいます。

 
 でも、せっかく陸上を始めたんです。チームスポーツではなんとなく空気を読んで周りと同じグレードの用品を使って本当はあんなモデルやこんなシューズが使いたいと思う人も多いでしょう。

 陸上競技は多くが個人種目です。自分を盛り上げ、記録を目指すのは自分を高ぶらせる練習、努力、そして道具です。

 その中でもスプリンターにとって一番の武器はスパイクなのです。

 だからスパイクにはもっとこだわってもいいと思います。

 選んだスパイク一足で接地・スイング・蹴り出しが変わったりするものです。

 
 2013年はアシックスが一般モデルにカーボンを使用した高速モデル『サイバーエッジ』、ミズノは原点に戻ったプレート傾斜の高い高反発モデル『クロノブレイク』を発売しました。

 どちらもメーカーらしさ(いわゆる誰もが同じモデルを履いていた時代)に戻ろうとする姿勢が少し形になった年ではないのかなと思います。

 そんな中で世界は一つ変化を訪れ、日本のメーカーに衝撃が走りました。

 それはアディダス社製のスパイクです。

 高反発、超軽量の『アディゼロプライムSP』をはじめ、軽量にして剛性の高いプレート仕様のSP・アクセレータ・フィネスの3モデル。

 ロンドン五輪をはじめ、海外ではアディダス社製のスパイクを使用するスプリンターが急増しました。

 日本では販売店が限られているため、入手に困難した人も多いと思います。
 
 トップモデルの流通のみでまだ日本での市販拡大が難しかったのはここ2年のお話。

 2014年はエントリーモデルからフィールドモデルまでプロダクト数を海外流通と同じになり、本格的に日本のスパイク市場に参入します。

 アディダス社製のスパイクの良さは軽さもさることながらストレスのないフィット感。そしてプレートの強さにあります。
 
 残念ながらラストが海外仕様なので縦に長く、サイズ選びに困るのが難点ですがこれらが改善されればより多くの選手がアディダス社のスパイクを使うことになるでしょう。

 今まで日本がこだわり続けていた『簡単な着脱』を目的にしたベルトフィッティング、高速移動に合わせたフラットなプレート傾斜、『挟み込む』ことで安定させるヒールカウンターなど、当たり前とされてきた設計を大きく削ぎ落とし、

 『シューレースのみ』でもぶれない頑丈なアッパー設計、高反発かつ負担のすくないプレート強度、『包みこむ』ことでアキレス腱にも優しいヒールサポート。これが海外のスタンダードになりつつあります。

 
 その刺激を受け、2014年は軽量、硬質プレートといったまさにアディゼロプライムSPのようなスパイクがアシックス・ミズノからそれぞれリリースされます。

 先に発表されたのはアシックスの『ソニック・スプリント・エリート』

 
b0180135_0443421.jpg

 一番左上です。

 圧着メッシュを用い、ベルトフィッティングを除いて軽量化を図ったモデルです。サイバーエッジとほぼ同じプレートなので中央部にカーボンを使用しています。ベルトフィッティングのサイバーエッジよりアッパーが馴染みやすい次世代トップモデルです。付属ピンは8mmですが7mmの方が相性がよさそうです。

 ミズノは実物を拝見しましたがまだ未発表なので伏せときます。同じく圧着メッシュを使い、プレート強度はアディダスを参考にしたというスプリント専用モデルです。

 この2つにアディダスのアディゼロプライムSPを含めた3モデルが各社2014年のフラッグシップモデルになるでしょう。

 来年もニューモデルから目が離せないですね。

 




 最後に

 私はあくまで情報と経験でしか話せないのでたまにくるスパイクに関しての質問は時によって答えかねる場合があります。どうぞご了承ください。
[PR]
by soul-tfc | 2013-08-21 00:51 | 陸上スパイク
<< 趣味で短距離やる人のアキレス腱... 趣味で短距離やる人のアキレス腱... >>



兵庫県で走っている一般趣味人競技者の日誌です。社会人陸上と陸上競技用品ネタの話題が多いです。
カテゴリ
以前の記事
自己紹介
1985年9月生まれ。A型
163cm・59kg
学生時代は関東選手権優勝、日本選手権リレー出場程度。
現在はスポーツ用品販売業の傍ら、趣味の範囲で競技生活を続行中。

専門種目
100m~110km

2005年
SOULとして活動を始める。
2007年
SOUL陸上競技部を設立。
2010年
東日本実業団陸上男子
400mR6位
2011年
東日本実業団陸上男子
400mR7位
2011年末
体調不良を理由に
SOUL陸上競技部
の活動を無期限休止。
2012年初春競技再開。
2012年7月おんたけ100kmウルトラトレイル完走
2012年8月ほぼベストまで走りが戻る。
2012年8月26日仕事中に右アキレス腱断裂
2013年8月24日100mに復帰11秒86(-1.1)
2013年9月15日信越五岳トレイルランニングレース110km完走
2014年大阪マラソン出場予定
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧