“SOUL”的陸上競技活動録

<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

陸上競技の集客数問題について 前編

 たびたびタレントでありトップアスリートである武井壮さんが提議している"陸上競技の集客力"問題について。

 "陸上は50種目近くあってそれぞれ決勝8人進むとして400人のトップ選手を観れる試合があるとする。。1人の選手が100人の応援を呼べたら40000人を集客できるのさ。。毎年満席の競技場で戦いたくないか?そんなの運営の仕事だって言って何十年もガラガラだろ、自分達で変えられるんだぜ。。"
 ※10月14日武井壮さんツイートより引用

 不定期にして武井さんは

 『世界にも通用するパフォーマンスをもってる日本の陸上競技選手ですらお客さんを呼べない』

 『自ら広告活動にしていかないとこの現状は打破できない』

 『観客に見てもらえないパフォーマンスは世界レベルであっても意味がない』

 といった主旨の発言を世に繰り出しております。

 陸上競技を始めてたった2年で日本の頂点に立ち、そこで感じた自らの無名さを誰にも理解されないほど痛感した武井さんだからこそ言える言葉です。
 
 陸上競技は人気がない?
 陸上競技はお客さんが来ない?

 確かに今の日本選手権、各地グランプリレースなどなどトップ選手が多数エントリーし、高いパフォーマンスを発揮するレースにおいてもホームスタンドすらお客さんが埋まっているとは決して言い難い。
 
 富士通の高瀬慧選手が200mで日本歴代2位(当時)を叩きだした2015年東日本実業団選手権ではほとんど関係者のみの競技場内で出されたパフォーマンスだといっても過言ではありません(熊谷遠すぎだって・・・)

 あらゆる事例を挙げれば挙げるほど『陸上競技って客入ってねーな』と思い思われても仕方ありません。

 しかし、この現状は本当に何十年も続き改善の余地なく今に至っているのでしょうか?

 完全に陸上競技の集客力に対し、落胆する前にこちらをご覧いただきたい
 
 1996年TOTOスーパー陸上の一競技シーンである。

 バックストレートまで埋まった観衆、ウェーブまで起こせるほどの盛り上がり。

 まぎれもなく、これは日本の国立競技場で開催されたレースなのです。
 
 
 2001年横浜GP(スーパー陸上)での最終種目メドレーリレー。

 マイケル・ジョンソンの引退レースという効果もあり1階スタンドはほぼ満席。私はバックストレートで観戦してました。

 どちらもここ十数年内での競技会です。

 決して満席とは言えませんが、万単位での集客ができていたのは事実です。

 この競技会2つにおける共通点はいくつか挙げられます。
 ●海外選手招待の国際レースであること
 ●有料試合であること
 ●秋に開催されていること
 ●高確率で日本記録、またはそれに匹敵するパフォーマンスが生み出されていたこと
 ●テレビ中継および放送時間が3時間以上確保されていたこと
 
 観客を魅了し、そして満足してもらうにしては上出来のコンテンツです。
 なによりお金を払って観に行く価値がそこにはありました。

 そして屈強な海外選手相手に日本人選手が健闘する。
 非日常的な刺激がそこにもありました。

 そして上だけの例で見れば、現在のGP川崎に足りないものはみえているはずです。

 まず、半端時期の開催。

 まだ選手のコンディションも動向もみえない5月初旬の開催。仕上げるには早すぎるし、6月には日本選手権があり準備期間として捉えられる時期。

 多くの選手にとって、お客様が求めているパフォーマンスは『仕上げ試合』として消化されます。

 武井さんが好きなアイドルを例にさせていただくとすれば

 10月に最終東京ドーム公演を控えた全国ツアーを続けるアイドルグループが5月の公演で本来のパフォーマンスの7割くらいしかお客さんに魅せなかったら、足を運んだ観客はどう思うでしょうか?
 
 恐らくがっかりするに違いありません、そして最終の東京ドーム公演はチケットも取れずに観に行くことができないとしたらそのファンで居続けることにも疑問を抱くかもしれません。

 以上を陸上競技に話を戻すと、まずパフォーマンスが100%発揮されない時期に開かれる大会なんかにわざわざ足を運びたくない、そして集大成の時期にアクセスの簡単な大きな大会(いわゆる最終公演みたいな)がない。
 
 これが今の陸上競技会の流れです。

 果たしてこれは選手の責任なのでしょうか?

 インカレ、実業団、日本選手権、世界大会、国体etc...
 日本のトラック&フィールドシーズンはとても長いです。
 
 これで初旬で全てを出し尽くせ!という方がどうかしてます。

 アイドルも個人でお客さんを呼び、そして公演を成り立たせているわけではありません。

 どんなに可愛い・キレイな女の子でも誰にもスカウトされず、飾られず、教室の隅で読書していればほとんどの人が見向きもしません(こら!下心男子やめろ!)

 アイドルにもプロデューサーがいて、一人ひとりをプロデュースして飾り付けして世に送り出すじゃありませんか。そこに個性が彩られて人気となりお客さんの心をつかむのです。

 選手のパフォーマンスはできています。間違いなく年々仕上がっています。

 問題はやはり運営なのです。年間の大会スケジュールを組み立てる陸連にかかっているのです。

 選手がアイドルだとすれば、プロデューサーは監督ではありません、コーチでもありません。運営なのです。

 お客さんを呼ぶためと選手のパフォーマンスを最大限発揮させるためのレーススケジュール、スポンサード活動、大会運営、広報活動。

 一度メディアを突き放したツケがただ回ってきているだけな気がします。

 
 長くなりそうなので前編とします。
 後編は日本陸上競技界の集客力低下となった原因をさらに掘り起こし、これからまた“盛り上がる陸上競技”を取り戻すにはどうすればいいか、とんちんかんな持論含めて書きたいと思います。
 
[PR]
by soul-tfc | 2015-10-16 00:39 | 陸上競技



兵庫県で走っている一般趣味人競技者の日誌です。社会人陸上と陸上競技用品ネタの話題が多いです。
カテゴリ
以前の記事
自己紹介
1985年9月生まれ。A型
163cm・59kg
学生時代は関東選手権優勝、日本選手権リレー出場程度。
現在はスポーツ用品販売業の傍ら、趣味の範囲で競技生活を続行中。

専門種目
100m~110km

2005年
SOULとして活動を始める。
2007年
SOUL陸上競技部を設立。
2010年
東日本実業団陸上男子
400mR6位
2011年
東日本実業団陸上男子
400mR7位
2011年末
体調不良を理由に
SOUL陸上競技部
の活動を無期限休止。
2012年初春競技再開。
2012年7月おんたけ100kmウルトラトレイル完走
2012年8月ほぼベストまで走りが戻る。
2012年8月26日仕事中に右アキレス腱断裂
2013年8月24日100mに復帰11秒86(-1.1)
2013年9月15日信越五岳トレイルランニングレース110km完走
2014年大阪マラソン出場予定
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧